読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無人通信

森のほねほねさんから無人通信

無人通信 8

とおくで真夜中の鐘がなるのをききながら
ぼくはよこになったままでテレビをみていて
わたしをだんざいせよ、いや、おれを断罪してくれよ、と思った
そのとき、ぼくにしがみついてはなれなかったり、ぼくがしがみついてはなさなかったりしたひとやものかげを、みんなすててやろうと思った
そして、すておいたひとからこぼれたみみだれの清い糸が、ぼくのくびをしめはじめると、くるしくて、くるしくて、ぼくはすぐに、くるしくてくるしくて、とひとにはなした
いきているほかに、ぼくにえらべるものはなかったのだけれど、そのことはぼくをどうしようもなく虫ばんだ
やぶれたかおで、けなげにひとはわらいかけ、ぼくはだれよりもきずついた

無人通信 7

昨晩はサンキュー、サンキュー、サンキュー、次回の演奏は未定です

4月9日、本八幡ルートフォーティーンの演目

1 行列

2 蒸発(カバー)

3 マイ・スウィート・スーサイド・メモリー

4 無題

5 きみ(カバー)

無人通信 6 演奏のおしらせ

次回の演奏は4月9日、ところはルートフォーティーンです。

ぼくの九号棟にもさくらがよくよく咲いています。